グローバル大学ドットコム ホームページへ グローバル大学ドットコム ホームページへ
JapaneseEnglish
翰林日本語学院 翰林日本語学院 Image
  学校名:   Kanrin Japanese School
  所在地:   神奈川県横浜市青葉区
  教育機関の種類: 日本語学校

翰林日本語学院

Image 翰林日本語学院は1987年に設立され、(財)日本語教育振興協会から認定された日本語学校です。 この学校の特色はなんといっても明るくオープンな雰囲気に溢れているということ。総ガラス張りの職員室と事務室にはいつでも生徒が入室でき、 教師・スタッフたちは気軽に質問や相談に応じています。校長先生をはじめとして全ての教師が「学生と共に」を合言葉に、 学習面から生活面に至るまで日夜学生たちのために奔走しています。また、自由に使えるパソコンコーナーや、自習室として開放された教室など、 学習環境が整っていることも大きな特徴といえるでしょう。生徒も教師も活き活きと表情に輝きがあり、 とても家庭的…そんな印象を与えてくれる翰林日本語学院には、在校生はもちろん、卒業生もが頻繁に訪れています。


指導内容

直接教授法を採用しており、読む、書く、聞く、 話すの4つの分野の総合的な日本語能力を育成することを目的としています。入学して6ヶ月後には、ほとんどの生徒が読み・書きだけでなく、 日常会話も出来るようになり、必修科目では、日本語能力試験や大学・大学院への入試などに対応できるように実用的な教材を使用し、 日本についてより深く理解できるように細心の配慮がなされています。また、毎年一度、関東甲信越地区弁論大会に出場することによって、 日本語力の向上と相互理解を深めていることも特徴のひとつです。

【初級Ⅰ】
あいさつ「あいうえお」からはじめます。
テキストを使いながら文法・日常生活に必要な会話力と聴解力を身につけます。
この初級Ⅰの段階から読解作文にも力を入れ、考える力・表現力の向上を目指し、新しく行われる留学生試験にも対応しています。

【初級Ⅱ】
初級Ⅰで学んだ文型をもとに中級に進むための基礎固めを行います。
可能・受身・使役・敬語が使えるような自然な日本語を学ぶと共に、クラス内でのスピーチ大会など、 様々なクラス活動を通してコミュニケーション能力を高めていきます。

【中級Ⅰ】
助詞の使分けや、似ている表現など初級レベルの文法をまとめ、 さらに読解力をつけると共に会話・討論・活動を通じてコミュニケーション能力・ 表現力の基礎をしっかりと作ることを目標においています。

【中級Ⅱ】
新聞やガイドブックなど様々な文章にふれながら、中級Ⅰでやしなった基礎力をさらに向上させ、 日本の歴史や地理の基礎的な知識も身につけていきます。
※ 平行して日本語能力試験2級レベルの文法と漢字も学習します。

【上級Ⅰ】
Image
1級コースと2級コースを設けています。
文法読解・文字語彙・聴解に応じた受験対策用問題集と過去問題を使用した集中授業を行います。(3回の模擬試験実施)
「日本留学生試験」に対応したカリキュラムを設け、進学指導も始まります。

【上級Ⅱ】
日本語能力試験終了後に「テーマ別授業」を行います。
例えば「宇宙開発」「IT革命」などのテーマを取上げ、各種資料の検討・発表・意見交換をし、小説や新聞などの生教材の読解を行います。


進路・進学指導

国公立大学・大学院をはじめ、私立大学、専門学校などその進路は様々です。 学生とのコミュニケーションを大切にしながら、それぞれのニーズに合った進路・進学指導が行われているため、 毎年多数の合格者を送り出しています。


課外授業

名所見学や工場見学、日本文化体験などをはじめ、 日本および日本人との交流の機会を持つことは学生同士の親睦も深めることにも役だっています。 また、学校周辺の小学校等との交流活動も積極的に行っており、学生たちが、生まれ育った国についての異文化理解授業を小学生対象に行うなど、 日本との絆を深め、日本語の理解を深めるために様々なプログラムが展開されています。


学校の環境と学生寮

渋谷から電車で約20分の横浜市・青葉台にあります。駅周辺はおしゃれな雰囲気で、東京の都心と比べると物価も安く、 とても環境の良いところです。大手銀行も揃っており、国内外の送金手続きにも便利で、住環境も整っています。 また、学校から徒歩15分の閑静な住宅街には大きな学生寮を完備しております。


スチューデント・ボイス

開講15年周年を迎え、卒業生たちが翰林時代の思い出と学院へのコメントを綴ってくれたものです。 学院をご理解頂くには、是非こちらをお読みください。 きっと雰囲気が伝わるでしょう。

 

GD Links
翰林日本語学院 公式ホームページ
学院概要
主な進学先
コース概要
募集要項
学生寮
アクセスマップ
FAQ
ニュース
 

お問い合わせ先
翰林日本語学院
〒227-0063 神奈川県横浜市青葉区榎が丘5-3
Tel: 045-983-2228
Fax: 045-983-5373
Emailでのお問い合わせ

グローバル大学のメンバーになりませんか?